MacBookAir」カテゴリーのアーカイブ

本日の作戦行動:MacBookAir2013にNVMeSSDを装備換装

金曜日, 2月 11th, 2022

ということで、現在使っている携行装備のMacBookAir2013。2013-15年モデルはSSDが換装可能なので、延命できるんだよね。ということで、そろそろ容量が怪しくなってきた256GBの純正SSDからM.2のNVMeのPCIe3.0のSSDに換装。

2010年から12年モデルはSSDの規格がSATAで速度的には500MB/Secで頭打ちなんだけど、流石はPCIe接続、青天井が期待できる、かな?

数年前から換装部材を仕入れていたのだけど、本体がガタきてたり、MacBookProRetinaの拡張とか、MBA2020の導入で機会を逸していたのだけど、ここ1年、出張や外回り作業が多くなったので、手持ちで使っているMBA2013/13インチの拡張に踏み切る。まあ、もうちょっと良さげなモデルがあればいいけど、これはこれでいい。ということで、まずは組み込み。

基盤のクリアランスもよゆーよゆー!

SSDはじゃんぱらで中古で売られていたSanDiskの1TBのSSD、カタログスペックはPCIe3.0で3400MB/Sec出るような記述だが。税込7980円。それにSSD-MacBookAir用の下駄部材980円。
さて、9年前のMacBookAirではどこまで頑張れるか?

ということで、みんな大好きブラマジのベンチ。古い方ね。実測で書き込み1279MB/Sec,読み込みで1396MB/Secを叩き出す。元々刺さっていたSSDはそれほど出なかった?ような感じ(測るの忘れてた)なので、これはまあまずまずいい感じかと。

まあ、もちろん現行機種には勿論負けるけど、換装もできるし、リーズナブルなお値段で拡張できるのは何よりいいよね。ということで、お試しあれ。

ちなみに、システム環境の移行作業は今回もTimeMachineで先に外付けHDDにバックアップで処理を回しておいた。概ね半日くらい?^_^(コレは先週末に走らせてあったんだが。)それから、SSD換装後にControl+Command+Rでネットワークリカバリを起動させて、まずはSSDの初期化、その後TimeMachineでHDDからリストアをかける。時間にして約4時間程度?リカバリの時間は寝てたので覚えてないけど、だいたいそれくらいで終わり。OSのアップデートも終えて今日4時頃にはまったく遜色なく1TBSSDに環境移行が完了。この辺りはWindows機とは違って楽だよね。ライセンス認証もないし。あと、AdobeCCの環境も何も問題なく移行完了。ありがたいねぇ。

ということで、明日の寄り合いにはこの本体を持っていこうかね。ふふふ。

MacBookAir 2013-15のSSDはNVMeのが使えるので、汎用部品を使えるのはほんとありがたい。まだまだ最前線で活躍してもらうとするかね。このマシンには・・。

SSD換装の基礎知識:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_parts_nvme

MacBookAir 2010-2012のSSD換装はこの辺り。https://profduo.com/2017/03/25/macbookair2011-11inch-ssd512gb%e6%8b%a1%e5%bc%b5%ef%bc%81/

PowerBookから30年。

日曜日, 10月 17th, 2021

PowerBookが出た時、思いっきり頭をハリセンで殴られたくらいの衝撃を喰らって、で、X68000からMacに転向したんだよな。

まあ、当時シャープのx68000シリーズは、なかなか進化をせずに、煮え切らないロードマップに気持ちが離れていたところで、そのころのアメリカでは、アップルを追い出されたジョブズがNeXTを発表、発売したころ。欲しかったけどめちゃくちゃ高かった。あの時の日本での販売価格が凄まじかった(68030のCubeColorで1000万円、OSが600万円くらい?)のを覚えている。で、チープに楽しめるX68000にGCCやEMACSなどを走らせて最先端気分で使っていた頃、アップルが可搬型の小さなノートマシンをCOMDEX91で発表した時、当時のパソコン通信のネットで話題沸騰したのを覚えている。当時の国内価格で60万〜80万円程度、デスクトップのMacIIciとかが200万円くらいしていたのでめちゃ安いじゃんと錯覚して、コレなら買える!と息巻いていたのを思い出す。のちに1992年の10月に発表になったDuo230が購入目標決定打となったのだ。初めて100万円くらいのローンを組んでISDNのTAと128MBのMOとDuo230、DuoDockを買ったなぁと。今でも基地にDuoDockと当時のDuo230は保管してあるけど。

まあ、それから時は過ぎ、30年を経過したいまごろ、また衝撃的な製品がリリースされるのだろうか?ちなみに19日未明に新しいMacBookPro。興味深いところである。国内価格設定がどうなるのかも含めて・・・。

懐かしいマシンたち。iBookだけどね。

本日の作戦行動:Apple Eventの案内きたー。10月19日未明に注目!

水曜日, 10月 13th, 2021

ということで、アップルから10月18日10時(PDT )、日本時間で行くと19日午前2時から新製品発表会開催のアナウンスが。今回もオンラインだが、さて、何が出るかな?

って、言わなくてもMacBookProの現行モデルが生産調整に入っている現在、なにをかいわんや、である。さて、痺れ切らしていたMBP更新したいけど痺れ切らしてM1のMBA買っちゃった勢から一気にシフトに進むのだろうか。噂されているのはM1X。今回もディスクリートなCPUなんだろうなと。

今更なんでM1Macが速くて安くて良かったのかというと、大きな原因はこのディスクリートにある。

これって、言うなれば、こたつに全てのものをあつめて、手に届きやすく、ぬくぬくと動きたくないひきこもり状態を思うといい、テレビ、リモコン、みかん、お茶(or酒)、そして暖かな熱源とふとん全てが手に届くところにある、まさに完全な環境(?)が一つのこたつテーブルに集まってるとおもってもらっていい。そういう状態をプロセッサに仕込んでしまったのがM1チップである。

一つのプロセッサチップに、CPU、メモリ、SSDストレージ、グラフィックチップが突っ込まれているわけだ、それゆえ、それぞれのバスはプロセッサの中ので爆速いのだ、ただし、問題はそれゆえに、メモリやSSDの取り替えが効かないという諸刃の・・・まあ、コストパフォーマンスを考えれば、許容範囲内と強弁する林檎屋さんらしいなぁと。まあ、iPhoneのプロセッサで鍛えたAシリーズのARMチップを魔拡張したM1X、今回出るMBP2021のもこのディスクリート、コタツ完全装備のプロセッサと考えて問題はないかと思われる。ということで、メモリ、SSDの拡張はM1Xプロセッサチップの交換しかないというところなので、長く使うのであれば装備はましましモリモリっといきたいものである。高いと思うけどね。

俺氏的には今のところMBPあたりかなぁと思っているけど、まだレンズの支払いも残ってるしなぁと二の足を踏んでいたり。でも、来月には完済なので、このあと・・・と、悩ましいところでもある。とりあえず新しいマシンが店頭に出てきてから、やわら発注?という感じになるかなと。SSDは外部に振ればどうにでもなるけど、メモリはマシマシチョモランマあたりにしたいところだな。

なにはともあれ、19日未明はまた「音読さん」あたりでなかのひとしてるかもしれないので、秋の夜長を楽しむとしますかね。

本日の作戦行動:X68000の夢をみる。

日曜日, 1月 13th, 2019

スクリーンショット 2019-01-12 23.10.09

我が青春のX68000、VS.x、そして、初代にしかバンドルされなかったグラディウス。

とりあえずMacで立ち上げてみて、これからラズパイにもっていこうかな。

それにしても、Macエミュレーターは使ったことあるけど、MacでX68000エミュレーターはなんか格別。特に青春のグラディウスとかはねぇ。

本日の作戦行動:40000mAのaceyoonのモバイルバッテリを試してみる。

木曜日, 9月 21st, 2017

とりあえずやってきたアマゾンで1万円を切る4万mAのMacBookAir/Proで使えるモバイルバッテリのインプレッション。


9998円とは!

さすがに1キロ以上あるらしく、MBAよりは重いが、古いポリカーボネートなMacBookよりは軽いこやつ。もうMacBookの古いバッテリなんて発注もしたくないので、これで使うことにする。

4万ミリアンペアなので、さすがにMacBookPro15レチナで使っても全く遜色なく使える。ただし、ボルト数は15ないし16Vで使うこと。それ以上だと故障の恐れがあるし。もちろんアップルの保証はない、Your Own Riskな代物であることは言うまでもない。

付属のAC変換コネツタは34種類あって、さすがは全部入りな感があるが、オスメスの違いくらいは調べておいたほうがいいかと。

ちなみに、MacBook用のMagsafeとMagsafe2版、それぞれケーブルは別売りになっている。縁起物なのでそれぞれ2本づつ買ってみた。

結果、両方ともちゃんと使えるのはいいね。

さすがに昨日の晩に開封して使用しているが、1時間以上使っても1目盛りすら減る気配がない。過去に16000mAのサンワサプライのやつを買ったが、これだと2時間持たない感じだが、全然安定して電源を供給して、なおかつ、MacBookに充電ができるのはいい。これはオススメだなぁ。

8月末くらいからアマゾンで扱い始めているようだが、Macでもちゃんと使えることを書いているのがなかったので、一抹の不安は覚えたが、遜色なく使えることがわかったので、これのサブセット版の20000mAバージョンも買っておいた。これなら海外遠征のお供にも安心して使えるというもの。まあ、中共製造ってところが気になるが、思った以上の性能に驚いている。

ま、電源がなかなか確保できないノマドさんの鞄にこれ一つあるとかなり安心できるんじゃないかな?重いけどねw

 

MacBookAir2011 11inch SSD512GB拡張!

土曜日, 3月 25th, 2017

2011年7月にやってきたMBA2011。さすがに手狭になってきた256GBのSSDをいつか交換したいなぁと思っていたんだけど、MBPrのSSDを物色しているついでについうっかり。

17309421_1313061385440067_1203491435703268258_n

ついうっかりアマゾンさんで購入。SSDはm.2SSD SATAタイプの512GB。バルクでサムソンのやつが出ていたので試しに使ってみることに。新品で大体15000円以上、1TBだと3万円くらい。まだ高いよなぁ。ちなみに、m.2SSDはNVMeとかいうPCIe規格のSSDも同じサイズで市場に流通しているあだけど、MBA2011には使えないので注意。あくまでSATAがつかえるというのを使えるやつを見つけないとダメなんすなぁ。実に紛らわしい。

17426059_1313061722106700_6062965069089705667_nこれを

17457444_1313061752106697_7559333422939763934_n

こうして

17457636_1313061758773363_4329774881932891583_n

command+Rを押しながら起動するとこうなる。

むろんOSは入っていないので、インターネットからOSをダウンロードしてインストール。これは今時でメディア探さなくてもいいし、楽かも。ただし、回線事情もあって、概ね2時間はかかるかな。

17426402_1313475895398616_314099041585889950_n

おお、広大!

17426013_1313475992065273_1377774456262585102_n

今時のSSDだけあって、結構速い。4Kでも戦える感じ。

今まで使っていたSSDの倍以上の速度でちょっと嬉しい。

ちなみに、総費用は1万5千円弱。変換基盤は1180円、SSDが12800円だったかな?あとはペンタローブドライバ880円とか・・

外付けにもともと使っていた256GBを引き出すツールも欲しいような気もするけど・・・まあ、今度また探してみよう。

そういえば、あとでMBA2013のバッテリ交換もしないとなぁ・・ブツが届いているらしいのだが、まだ取りに行ってないや。

追記。TRIM対応方法。

macOS10.11(El Capitan)からTRIM(SSDの書き込み最適化)サポートがOSレベルで対応できるらしいのでやってみた。

sudo trimforce enable

これで再起動するとこうなる。

スクリーンショット 2017-03-26 21.14.32

これで一安心。とりあえず使い倒してみようかな。

本日の作戦行動:USB3.0ってさ。

土曜日, 7月 6th, 2013

今日はメンテナンスの日。腰がまたもピーキー状態で残念。その後は養生したいなと思っているけど・・・

昨夜仕事の打ち上げ呑み会経由で、別にレポートするGaragelabのFridaynightにいってみた。これはこれで。

その後、野暮用やらなんやらで、結局、日付変更線を超えてかえってきたところ。

先週からCarbonLookのみでMBA2011を持って歩くようになったのだが、これでも充分強度はとれるかな?折り曲げたら最後な気もするけど、気持ち大事につかうことにしよー。

それにしても、USB3.0。我が家の事実上唯一のUSB3.0マシンたるMBA2013でいろいろと実戦運用を始めてみているんだけど・・・なかなか額面どおりの速度は望めないもんだよね。

USB3.0のカードリーダーはベンチとってみると、USB2.0のカードリーダーとまったく同じ速度だったり、格安の外付けHDDケースも、論理的にはUSB3.0でつながっているにしても、ベンチを取ると実はUSB2.0と変わらず・・・まあ、こんなものか。

と思っていたんだけど、USB3.0対応で売られているSiliconPowerの1TBの2.5インチHDDのDiamond D05 が安価であったので買って早速使ってみた。

結論としては前者のよりは思ったよりも良い感じかな?速度も100MB/secは出るし。単体ドライブとしてはまずまずのスピードかと。

 

週末の作戦行動:今年前半戦終了イブ。

土曜日, 6月 29th, 2013

ということで、6月もあと1日ちょっと。

昨日は先週受けた手術の抜糸したあと、西11丁目界隈で晩飯。ついうっかり某な師を召還して、沖縄料理を食べたり呑んだりしてみた。

うまかったー。ムチャぶりにきていただいた某な師、ありがとー。

今朝は、昨日の晩に届いた小型のDLPプロジェクタをチェック。本体はだいたいB5判くらいと小さいのはいいね!でも、ケーブルとかケースとかがそれなりに大きいのは仕方ないか・・

画質はきれいだし、稼働時間も200時間ちょっととかで、まだまだばりばりいけるぜ!

・・・それにしても、プロジェクタ何台あるんだよ・・俺。

・・・あ、今日肉の日だ!こんばんは素敵なステーキにするかw

追記:そういえば、MacBookAir2013、USB3.0問題解消しました。もう、大丈夫。スリープ復帰からもちゃんとマウントするし!
わかったことが一つ、バッテリ稼働の時は480Mbitに落ちるのね・・・

AC接続してるときは、こんな感じ。

AC接続時

バッテリ稼働にすると・・・

バッテリ稼働時