AAPL 未請求財産 Unclaimedproperty」タグのアーカイブ

Apple株奪還作戦:カリフォルニア州の未請求財産の検索がさらに拡充。

水曜日, 10月 13th, 2021

今日、久々にカリフォルニア州の未請求財産のサイト、いわゆるベティさんのサイトをのぞいてみると、結構変わっていることに気づく。以前はある程度古いデータが雑にテキストファイルにまとめられて晒されていたが、どうやら、また検索に引っかかるようになっていて、電子申請も?できるようになっているようだ。おそらく株とかは公証(NOTARIZE)が必要なので、きっと紙申請だと思うけど・・・。

俺氏的にエスチートされていたものは、もうすでに奪還してるので検証できないけれど、検索に引っかからなかったものも今回は検索できるようになっているので、ダメ元で試してみてはどうだろう。しかも、持ち株としてのデータで残っているので、もしかしたら・・・と淡い期待を持ちつつ、奪還を検討してみてははいかがだろうか。

Apple株奪還作戦(外伝):Computershareから配当の小切手きた。

土曜日, 9月 18th, 2021

いや、口座振替して欲しかったんだけど・・・まあ、10ドル以下だし、もう配当こないからこうなるよな・・と。

さて、9ドルの入金のために2,000円払うか。またエスチートさせるのも手だけど・・・。

Apple株奪還作戦:Bettyからの手紙には・・・

金曜日, 5月 21st, 2021

小切手またキターー!

これは株式に付いていた、カリフォルニア州にAAPL株がエスチートされた後に発生した配当のようだ。計算すると2月までの配当が付いているのがわかった・・けど、5月に確か配当なかったか?

まあ、見ると4月27日に振り出されていて、送ってもらったのが5月10日とある。で、昨日弾着したようなので、これも昼に懇意にしている外貨取引のある銀行に持っていって支払ってもらうか。

そう、外為小切手について前にも書いた記憶があるけど、備忘録的に。

小切手を見ると特に取引期限とかは書いてない・・書いてないのだが、慣行的に小切手発行から「半年以内」が払い戻し期限となるそうな。それを過ぎた小切手はただの紙切れになるので注意が必要だ。

なんでもここ最近、かつてアメリカで仕事した人には1500ドルの小切手が送られているんだそうな。日本で言うところのコロナ一時金の10万円と同じイメージのやつ。何も手続きしないで送ってくるあたり、アメリカさんすげーな。さもしい菅やASSH○LEとは格が違うぜ。おっと脱線。

で、手続きには時間と手間と取引銀行の関係がある。現在外為の小切手を換金できる銀行はSMBCプレスティア銀行しかない。ここは、昔のシティバンクで、かつての外国銀行の日本支店だったんだけど、今はSMBC信託銀行のいち部門になるのかな。ここは、口座維持手数料がかかる銀行で、20万円以上の預金資産がないと月2千円かかるというところ。小切手払い戻し目的だと受け付けてもらえないけれど、外貨預金とかはまあ、使いやすい方かな。

また、小切手の払い戻し手数料は一般的ならば5000円。ここで口座に20万円以上の(運用)資産があれば、1取引あたり2000円で行ってくれる。手続き期間は4週間〜1ヶ月程度。この間の8年分の配当は来週あたり入るらしいのだが・・即時というわけにはいかないので注意が必要。日本の手形取引みたいに即時割引決済取引とかはしてないのかな?後で聞いてみよ(外為信用取引なので、結構掛かるか、そもそもやってなさそうだけど)

おそらくこれで、金銭的取引はおしまいの予定、あとは、株式の移管手続きを待つとしよう。これに関してはまだ動きないんだよね。computershareさん。

Apple株奪還作戦:一部奪還!だんちゃーく。

火曜日, 4月 27th, 2021
配当分奪還!

昨日、馴染みの外貨で取り引きのある銀行と外貨払い込みと小切手の払い出しの打ち合わせしてたのだが、早速現物が弾着!アップル株の配当分の溜まったのがまとまって1つの小切手でやってきた!

早速今日仕事の合間に手続きしてやんよ!

小切手持って手続きしてきた!

溜まった配当8年分?元は1株だったからこんなもん。

振り出しまで30日くらいかかるらしく、来月下旬に口座に外貨で振り込まれるそうだ。

追記:今日、無事に外貨小切手決済完了!早速定期預金に組み込みっと。

Apple株奪還作戦:Approved for Paymentキター!

土曜日, 4月 10th, 2021

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

思えば遠くへ来たもんだ。

ということで、未処理請求財産の処理が進みましたよ!いよいよ支払いに向けた・・・いや、株は現金化されては困るけどな。

あと、いままで株のほうは0$だったけど、カリフォルニア州にエスチートされてからの株相当分の配当が株の方のクレームにはりついてきた!しかも、株式分割の処理後の配当がちまちま乗っかってきていて無事に株式分割に対応しいているのはありがたい。

さて、そろそろ小切手とか来るのかな?待て次号!

株はどうにか元の証券会社に戻ってもらいたいものだが・・・。コレ以外の音沙汰(メールとか郵便とか)が無いのよね。ドキドキもんだわ。

Apple株奪還作戦:Closedって何よ!と思ったら・・・

土曜日, 3月 27th, 2021

そういえばアップル株未請求財産の方、今年に入ってようやく動きがあった。やっぱり国が違えどお役所仕事って遅いのな。

で、何気に未請求財産のサイトで進捗を確認すると・・・3月11日に何か動きがあったようだ。

ちょ!待てよ!Closedって?

と思って自分の申告した未請求財産リストの全体を見ると、Closeしていないクレームがいくつか見つかった。どうやらクレームIDの統合を行なったようだ。で、今まで申告していたが一つのクレームIDに統合を確認できてよかった。

その後、気になっていたのは含み益を抱える株の方。単位は以前のまま1株と13株。これについても株式分割前の配当2回分(去年の5月と8月株式分割前)が計上されていて、ちょっとほっとする・・・けどその後8月末の株式分割、11月、今年2月の配当0.205ドルがまだ未計上なんだよね。エスチートされている間に株式分割しているのもあるんだけど、これはまだ反映されていないのか。うぅむ。

まあ、とりあえず動いているのはよきよき。さて、状況を把握しつつ、ぼちぼち証券会社の方も見ておくか。

Apple株奪還作戦:BETTYからの手紙。

金曜日, 10月 23rd, 2020

昨日、軽く呑んで帰ってきたら、1通のエアメールがメール受けに入っていた。

読むと、「とりあえず書類は9月22日に受け取った。今から処理するから180日くらい待て。なんかあればオンラインでクレームIDを打ち込めば状況はわかるよ。」とある。

おいおい、半年かよ。まあ、どうせ今の段階では塩漬でどうにもできないので、待つしかなかろう。という状況になってます。

奪還の終わりは来年春頃かな?途中でCOVID19で処理が躓かないことを祈るとしよう。


Google翻訳してみた。

この手紙は、2020年9月22日に請求パッケージを受け取ったことを確認し、可能な限りタイムリーに請求を処理することが当社の主な目的であることをお知らせするものです。 大量の申し立てが処理されているため、法律では、完全な申し立てパッケージを受け取った日から最大180日以内にすべてのドキュメントを確認し、ドキュメントが申し立てをサポートしているかどうかを判断することが許可されています。 株式、投資信託、債券などの有価証券が含まれている場合、有価証券の価値を正確に判断するための調査が必要なため、支払いを受け取るまでに最大1年かかる場合があります。 当社のオフィスは、お客様の請求の処理を迅速化するために可能な限りのことを行っていますのでご安心ください。最新情報については、当社のWebサイトwww.claimit.ca.govにアクセスして、いつでも請求ステータスを確認できます。 画面左側の「クレームステータスの確認」をクリックします。 複数の物件の請求を提出した場合、請求は1つの請求にまとめられる場合があります。 そのため、ウェブサイトに反映されているクレームステータスは「ドロップ」と表示される場合があります。 カリフォルニア州の機関、市、または郡との未払いの債務がある場合、未請求の不動産の支払いが傍受されて債務が支払われる可能性があります。 次の電話番号のいずれかで未請求資産部門から連絡がない場合:180日以内にオフィス、*未請求資産部門コールセンター-(800)992-4647 *国際電話-(916)323-2827 お電話の際は、上記のクレームID番号をご参照ください。 可能な限り迅速に申し立てを処理するよう努めておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。