本日の作戦行動:今時のPD対応モバイルバッテリはいいぞ!ALFOX Thunder PD60W

日曜日, 1月 15th, 2023

先週末に購入したMacBookProRetinaの運用でACが確保できない環境が長く続くと作業が滞るのもあって、久しぶりにMacも給電できるモバイルバッテリがほしいなと思っていたところ、Amazonで特売されていた20000mAhクラスのバッテリが6,000円しないくらいで売っていたのでつい買ってみた。

正月あと、春節前なので物流もまあスムーズに届いてくれるのはいい。ついでに特売で買った22.5W対応PDバッテリも届いたので、これは後で。まあMacの充電には使えないだろうし・・(こっちは全然ダメだった)

で、早速開梱

大きさはフットプリントはiPhone SE3よりちょっと大きくて、厚みは3.5倍、重さも1キロはないにしてもまあ鈍器のようなものの重さはある。

早速USB-PDケーブルにこの間紹介したUSB-CtoMagSafe2コネクタをつけて給電開始。工場出荷時で充電が概ね50%くらいあったのかな?早速給電してみると。

インジケータはちゃんと充電表示だし、Macのシステムレポートで見る情報でもこんなかんじ。

MBPr13のバッテリは買ったときからジャンクでもうだめぽな状態なのは了解済みなので気にしてないが、ちゃんと充電中になっていて、もりもり充電が進んでいるのがわかる。まあ、問題はこれでどれだけ使えるか?というところだが、それはまた今度、現場運用したときにレポートしてみよう。

というか、2012〜17年の頃のMBAとかMBPrがこういう運用できるのはありがたいところだ。いまだと中古の価格帯が概ね2〜4万円位で買えて、なおかつSSDが換装できるのは何かあったときにも楽でいい。なにより手頃でそこそこの性能なので、まあ、ちょい使いの携行マシンにはちょうどいいかなって感じではある。

でも、M1Macのちょっと前のMBA2020の下位モデルの中古も5万〜7万くらいであるので、それはそれで微妙ではあるよね。現行OSを使いたい向きにはそのほうが幸せなのかも。まあ、ご利用は戦略的に、ってところかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。