本日の作戦行動:Sell in Mayとは言うけれど。

火曜日, 5月 3rd, 2022

確かに、為替相場が凄まじく円安に触れていて、かつて@130でドル買い投下して塩漬けになっていたしたUSDがやっと原点復帰。まあ、円高基調の時に買い増しているので、それほど大きな額ではないにしても、利息のことを考えなければ含み損がようやく解消・・っと。ただ、消費者としては辛いところかもなぁ。

さて、我らが?ストックホルダーしているAAPLの22-2Qのカンファレンスコーが先ごろなされたが、売上もいい感じで伸びている。ただ、日本市場は前年同期縮小傾向に。円安の影響もじわじわくるので、この辺りはなんとも。あと、アジア市場も。株主としてはちょっと気になる配当は一株あたり0.23ドルと前期より1セントほど増えた配分。5月12日頃には株主に配分が開始される見通し。まあ、日本円で行くと、円安基調なので1600円くらい?まあ、キャピタルゲイン課税されるので、1000円程度なんだろうなあと。

そういえば、ちょっと6株ほど指値で売却を試しにと企んでいたのだが、なかなか指値まで到達しないので、いまのところそのままとなっていたり。まあ、そんなに慌てる必要はないけど、ちょっとWWDCまでにやっておきたいかなとか思いつつ。まだ指値売却指示期間内なのでこれから跳ねると面白いかな?などと。それにしても、株主20年でやっとまともな株取引をしている感じがなんとも。

よく、外国株は「Sell in may」と言うことを聞くが、これって元々はイギリス株の株の格言だったんだねぇ。まあ、5月末の日本の国債は大商い(年度末の借金やら返済を一気に行う時期)になるし、日本も似たようなもんらしい。日本的には6月末ころが株主総会で慌ただしいから、その時期は調整局面になるんだろうねぇと。で、先の格言によると、9月には相場に帰ってこいと言うことらしい。その間はだからバカンスなのか?ああ、バカンスしたいねぇ。

・・・・って、思いっきりGW期間中で、のんびりリビングでiPodHiFi改のBluetoothスピーカーでT-SQUAREの和泉宏隆ピアノアレンジを聴きながらこれを書いていたり。そういえば、昨年今頃に鬼籍に入ったんだったよな・・・時の流れは早いもんだな・・・。

それにしても、ああ、のんびりとした休日を静かに謳歌、ええね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。