本日の作戦行動:はるのあしおと2021

月曜日, 4月 5th, 2021

ということで、4月になりましたな。外を見ると雪がほぼ消えて、残雪をちょっと探さないと、という感じ。南側の山間部はまだまだ雪景色が見られるけどね、もう少しすると雪も消えて、月末には桜のシーズンかな。

PRONTOも4月にリニューアル。

我が基地のマシンルームもXserveが冬季暖房運用を終え、休養放牧に・・ってウマじゃねぇ。この冬もストーブさんとして大活躍してました。

4月に入って新しい仕事を始めたり、馴染みのバーの周年祭りに行ったり、まあ、コロナ前と似たようなことをした週末。おかげさまで程よく?起動不良気味であさからトレーナー業がはかどっています。

ここ最近のスキマ時間はウマ娘と無職転生のなろう小説をちまちま読む感じ。ときどきRe:ゼロだったり。盾の勇者の成り上がりはなんのかんの行って一回読破して、2期、3期が始まる頃までには読み直してみてもいいかなとか。でも、結構小説最新のあたりはストーリーが失速気味というか、なんかマンネリして、あまり光入ってこないんだよね。転スラはもういいよ。

さて、今日は兄者から譲り受けたカメラとパソコン類の確認と整理統合を・・・

個人的には銀塩のころに一度Canonに乗り換えようとしていた事もあったんだけど、結局使い勝手がMINOLTAになってしまっていて、もう戻れない?とかなっていたんだけど、2005年くらいにNikonのD70Sを買ってニコンに移行作戦をしたけど、結局MINOLTAのカメラ部門がソニーに売却されて、その後はα100、α77、そして、α99IIって感じに移行。サブカメラとしてNEX7からのA7Rをマニュアルフォーカスカメラとしてメイン、サブはここ最近もうソニーだね。

ふと思うんだけどやっぱりレンズは資産なんだよな。ボディは古いモデルだと買取値もつかないけど、レンズはそうでもない。でもなんでかいっぱいキットレンズがいっぱい。まあ、広角とズーム、コレあればそこそこの撮影はできるね。ただ、Nikon、Canonのレンズって、ボディによって色々制約あるから悩ましいね。おそらくキットレンズはAPS-C寄りになってて、フルサイズだとケラレがとかになるのかな。ニコンだと、エントリーモデルのボディって絞りが電子化してて、古いボディじゃ絞りすら操作できないGレンズとかがちょっとめんどくさい。古いレンズをある程度使い回せるボディを作っているソニーαあたりはいいよね。まあ、最近はAマウントは終了したい方なんだろうけど、Eマウントのレンズはいまいちこうほしいと思うのないんだよね。あっても高いし。ということで、カールツァイスレンズを使ったソニーの16-35mm f2.8あたりは大活躍してもらっている。コレについては長く使うぞーという感じか。

話がそれたが、とりあえず使う当てのないキャノンとニコンのボディはドナドナするため、チェックの作業しておくか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。