本日の作戦行動:三都物語

金曜日, 10月 2nd, 2020

港町釧路での地方巡業仕事を終え、札幌についてから仕事場に道具を置いて、ついうっかり函館行のJRに揺らながらこれを書いているなど。今日は釧路札幌函館の三都物語の日。まあ、着くのはぎりぎり日付が変わる前につくはず・・・なんだ。

釧路から帰投するおおぞらに乗っているとき、帯広を出て新得に向かう間、なんか急にいままでにない急制動がかかって、車内放送でもトーキーで「急ブレーキ作動中、注意してください」などという放送が流れる。その後、ブレーキが結構スムーズに掛かっているなあという挙動と、ドンという音。そして止まる。

まあ、去年も網走から帰るときにシカを轢いたなってのはあったんだけど、今回もだよ・・・ああ、鹿肉食べたいわ。

9月末に食べてたやん。

そんなこんなで札幌に20分遅れで到着。

札幌到着、2時間弱のスイッチバック休憩

さて、夜の特急列車北斗に揺られ、ちょうど苫小牧を出て太平洋を望みながら西に向かっている車内で、ふと思い出したのが、アップル株の配当の話。

そういえば昔アップル株を買ったときに、言われてたのが「アップル株は配当出さない主義なんだよ、だから配当の小切手は送られてこないんだよね!」と、誰かに聞いたことがあって、たしかに所有を始めた2001年以降、アップル株の配当はなかった・・んだけど、ジョブズの死後、結構アップルが盛り返してきてた2012年に、株価総額世界最大になって流石に配当を出さねばという動きが出て、1度だけ、3ドルくらいの配当の小切手が送られてきたことがあった、で、今回の一連の未請求債権を見ていると、実に32件の配当がなされていた。配当って年1回じゃないの?とかふと思ったのだが、よく考えれば、アップルの株って四半期ごとの業績と配当の話があったよな・・と思って計算すると・・・32÷4半期=8・・・そう、実に8年分の配当の債権があったわけだ・・まあ、そもそも1株なので、いちいち送られてきても換金手数料が5000円とかだと、手数料で赤字になるわー!となる。

思えばこの時にApple株の株主権利を行使した最後か(2016年1月頃?)

まあ、株主配当を貰える身分になったってのもいいもんだね。まさかあの1株がねぇ。もう10株くらい買っておけば幸せだったのにな俺。

まあ、そんなとらぬ狸の皮算用をしつつ、3都物語でもフィニッシュしようかねぇ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。